匂いのマナーは自分で気づくことが大切と思った。

私自身が匂いに対して敏感で、いつも自分が臭くないかチェックしています。その癖がついたのは、私が接客業をしていたからだと思います。しかも汗をかく「フィットネスクラブ」の「インストラクター」だった。

この仕事は、メンバー(お客様)の接客もしなければならないですし、運動でメンバー(お客様)と汗を流さなければいけないので、私は匂いチェックは意識してしていました。

ある時、シャワーを浴びる時間がないほど忙しい時がありました。時間が無かったので、スプレーをふってごまかそうとしたのですが、同期のスタッフに「何か、汗と混ぜって変な匂い」と言われました。

そこから私は、必ず汗を流した後はシャワーをすることを徹底的にしました。特に匂いがきついところが、私の経験上、「首と頭の付け根(後頭部)当たりと脇という場所だなぁ。」と思いました。

なので、意識してその部位は、異常なぐらい石鹸やシャンプーを使ってケアします。そうすると「臭い」と言われることが無くなりました。