匂いのエチケットを保つためにしていること

汗の匂いが時間がたつと匂いの成分が蓄積して、匂ってくるので、できるだけ人に合う直前にシャワーを浴びます。ですから、前日の夜ではなく、当日の朝シャワーを浴びます。

シャワーを浴びる時も、匂いの元になりそうな、首の後ろ側、耳の後ろ、わきの下、股間部分、足の指の間を油分がなくなるまで、数回石鹸で丁寧に洗います。靴は同じ靴をさけて、日を開けて履きます。靴底の交換できる靴を使用して、長時間履き続けた場合、靴底ごと洗濯します。

洋服に匂いが付くと、匂いの原因になりますので、タバコの匂いのあるところ、焼き肉屋などで服にお匂いのついた場合はかならす、匂いが飛ぶように干します。時間のない場合消臭剤をしようして、匂いを飛ばすようにしています。口臭に対しては、歯ブラシをマメにして、食後こまめに歯を磨くことにしています。

深酒はアセトアルデヒド臭がしますので、あまり強い飲酒は平日にしないように気をつけています。口臭の原因になりそうな生ニンニクなどは極力とらないように気をつけています。

口臭予防に、マメにパセリを食べるようにしています。パセリがとれないときは、ガムを取るようにしています。肉ばっかり取りすぎると体臭がきつくなるので、野菜を取るように気を使ってます。シャンプーも抗菌剤入りのシャンプーを利用して、ふけのでないように気をつかっています。

最近はキーボードも丸洗いできるキーボードがあるので、時々、仕事で汗ばんでいる場合丸洗いするようにしています。床屋もマメにかよって見た目不潔に見えないように気をつけています。鼻毛の手入れも、視覚的に不潔に見えると、匂うと思われることのないように気をつけています。